都心に近くて交通も便利な地域の土地を探して購入しよう

物件探しはネットで楽々

一軒家

ダブルオレンジはネットで手軽に物件検索ができるサイトで、一戸建てから土地まで扱っています。また公開前の情報を確認できるコンテンツもあるのでいち早く情報を確認できるのです。更に値下げ前の物件まで確認可能となっています。

もっと見る

自宅と同様に過ごしたい

家

京都にはホテルや旅館がたくさんありますが、長期滞在するのならウィークリーマンションを利用した方が宿泊費が安上がりになります。ウィークリーマンションには生活に必要な家具や家電製品が備え付けられておりますので、自宅で過ごすのと同じように生活することができます。

もっと見る

都心近郊の便利な街

模型

2つの大都市に近い

大和市は神奈川県のほぼ中央に位置する市で、東京都心からは40km圏内にあります。県庁所在地である横浜市へも近く、通勤・通学に便利な街です。大和市の土地価格は、ここ数年は横ばいまたは若干の低下傾向にあります。2016年度における大和市の地価は公示地価・基準地価を合わせた総平均で1平方メートルあたり約19万5,000円で、前年度から2パーセントの下落となっています。これは、神奈川県全体の平均地価を若干下回ります。なお、坪単価は約64万4,000円となっています。大和市は大都市近郊の典型的なベッドタウンであり、土地利用は住宅用地が大半を占めます。しかし周辺部には農地が多く残るほか、大規模な工場も市内各地に点在しています。

自然にも恵まれている

大和市で土地探しをする場合、ポイントとなる点が2つあります。1つは、北部と南部で街の雰囲気がかなり異なることです。大和市は南北に細長く、市内を横断する鉄道路線によって二分されます。北部は都心に近いことから早くから開発が進み、その大半が古くからの住宅地となっています。ただ、中心部から離れるにしたがって遊休地も多く見られるようになり、新規に分譲される住宅用地も少なくありません。一方、南部はのどかな田園風景が残る土地です。鉄道駅周辺は宅地化されていますが、大規模な公園も複数所在していて緑に恵まれています。もう1つのポイントは、モータリゼーションが進んでいることです。大型商業施設は幹線道路沿いに多く立地しており、車を所有していれば駅から遠くても生活上の不便はさほどありません。

一軒家を相続した場合

説明

人口減少やマンションに住む人の増加などによって、空き家になる一軒家が増えています。空き家のままにしておくと犯罪の温床にもなりやすいので、空き家管理サービスを活用することで、近隣への迷惑を減らすことができます。

もっと見る